人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

An ever-normal granary and J.M.Keynes´s economic philosophy
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

経済・経営

An ever-normal granary and J.M.Keynes´s economic philosophy

三宅 康久 著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:118頁
  • ISBN:978-4-86429-437-9
  • 発行日:2017/04/10発行
書籍内容

本書は、ケインズの経済思想を認知言語学や関連性理論の視点から分析している。ケインズがan ever-normal granaryという言葉を多く使用しているように、認知と常平倉、専売制こそが「一般理論」のエッセンスであることを明らかにする。

【著者紹介】
三宅 康久

Yasuhisa Miyake lived in the apartment where J. M. Keynes had lived in London, while studied economics at University of London. He was born on February 21 when Yamada Houkoku was born. He is currently a founding general-secretary of Yamada Houkoku Research Association. He is also the author of “Cognition, Macroeconomics and Economic Policy of Yamada Houkoku", (University Education Press, 2012)