人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

エネルギーと経済、そして人間
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

経済・経営

エネルギーと経済、そして人間

石田 葉月(いしだ はづき) 著

  • 定価:本体4,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:236頁
  • ISBN:978-4-86429-433-1
  • 発行日:2017/02/28発行
書籍内容

およそ2世紀前、人類は本格的な化石燃料時代に突入した。それからというもの、人類はかつてないほどの経済的繁栄を遂げた。そして今、人類は化石燃料依存からの脱却を図ろうとしている。その挑戦は果たして実を結ぶのか。人類とエネルギーの歴史を紐解きながら、進むべき未来を探る。

【著者紹介】
石田 葉月(いしだ はづき)

1968年生まれ。同志社大学経済学部教授。大阪大学大学院工学研究科博士課程修了 博士(工学)。福島大学経済学部助教授、福島大学共生システム理工学類准教授を経て、2014年より現職
主要著書: 『持続型社会は近づいたか』日本経済評論社、186 2008。 『原発災害とアカデミズム』合同出版(福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)・東京大学原発災害支援フォーラム(TGF))(第1章執筆)pp11-34、2013。