人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

国際不正競業法の研究
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

政治・法律

国際不正競業法の研究

相澤  吉晴 (あいざわ よしはる) 著

  • 定価:本体4,200円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:524頁
  • ISBN:978-4-86429-420-1
  • 発行日:2016/10/30発行
書籍内容

国際的不正競業の法規制について、ドイツ、オーストリア、スイス、フランス国際私法委員会、万国国際法学会、ハーグ国際私法会議、EU、インターネットにおける判例・学説および立法等を紹介・検討し、その分析を基に、わが国における「法適用通則法」の下での解釈論を提唱したものである。

【著者紹介】
相澤  吉晴 (あいざわ よしはる)

1954年2月 宮城県に生まれる
1978年3月 東北大学法学部卒業
1980年3月 東北大学大学院法学研究科 博士前期課程修了
1982年3月 同博士後期課程中退
1982年4月富山大学経済学部助手・講師・助教授を経て、1992年4月広島大学法学部助教授 1994年4月広島大学法学部教授 2004年4月広島大学大学院社会科学研究科教授(現在に至る)
主な著書 『銀行保証状(スタンドバイ信用状)と国際私法』(大学教育出版、2003年) 『ヨーロッパ国際保険契約法』 (大学教育出版、2006年)