人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

社会法総論
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

政治・法律

社会法総論

社会法の基本法理とその現代的展開

柴田 滋(しばた しげる) 著

  • 定価:本体2,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • ページ数:282頁
  • ISBN:978-4-86429-346-4
  • 発行日:2015/10/10発行
書籍内容
生存権、労働権等の社会権の思想を基礎とする社会法の概念について、近代社会の基礎法である市民法の法理との関係から、社会法の法理を明確にし、過去から現代にいたるまでの諸学説も紹介する。
【著者紹介】
柴田 滋(しばた しげる)

北九州市立大学法学部非常勤講師
2004年、九州大学大学院法学府公法・社会法学専攻博士後期課程単位取得退学
修士(法学)