人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

ちょっとマニアックな図書館コレクション談義
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

総 記

ちょっとマニアックな図書館コレクション談義

内野 安彦(うちの やすひこ) 編著

  • 定価:本体1,600円 + 税
  • 在庫:なし(絶版)
    • 書籍版
  • 判型:四六
  • ページ数:176頁
  • ISBN:978-4-86429-382-2
  • 発行日:2015/11/15発行
書籍内容

「図書館の棚が魅力あるものに見えないから図書館を使わない」という声があります。 本書では、その図書館のコレクションについて、やさしく、楽しく、ちょっとマニアックに考えます。

【編著者紹介】
内野 安彦(うちの やすひこ)

1956(昭和31)年、茨城県生まれ。
茨城県鹿嶋市役所に28年、長野県塩尻市役所に5年勤務。両市合わせて33年間の市役所生活で、図書館勤務年数は14年。2012(平成24)年3月に塩尻市役所を早期退職。
現在、常磐大学、十文字学園女子大学、熊本学園大学、同志社大学、松本大学松商短期大学部で司書及び司書教諭養成科目を担当。筑波大学図書館情報メディア研究科博士後期課程中退。