人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

近代中国東北地域の綿業
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

経済・経営

近代中国東北地域の綿業

奉天市の中国人綿織物業を中心として

張 暁紅 著

  • 香川大学経済研究叢書29
  • 定価:本体2,500円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:236頁
  • ISBN:978-4-86429-444-7
  • 発行日:2017/03/31発行
書籍内容
「満州国」が中国東北地域の在来産業の発展に与えた影響とはなにかを問う。「綿業」史料の分析から見えてきたものは「収奪による停滞」状況におかれながらも柔軟に経済活動を続ける中国人商工業者の姿を示す。
【著者紹介】
張 暁紅

1977年 中国遼寧省大連市生まれ
2007年 九州大学大学院博士課程修了、経済学博士
現在 香川大学経済学部准教授
主な業績 「1920年代の奉天市における中国人綿織物業」(政治経済学・経済史学会『歴史と経済』194号、2007年1月)
「『満州国』期における奉天の工業化と中国資本─機械器具工業の分析を中心として」(柳沢遊他『日本帝国勢力圏の東アジア都市経済』所収、慶應義塾大学出版会、2013年10月)
「『満洲国』の綿業統制と土着資本」(政治経済学・経済史学会『歴史と経済』第234号、2017年1月)