人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

ジェンダーから見た日本語教科書
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

社 会

ジェンダーから見た日本語教科書

日本女性像の昨日・今日・明日

水本 光美(みずもと てるみ) 著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:190頁
  • ISBN:978-4-86429-321-1
  • 発行日:2015/04/20発行
書籍内容

「女ことば」と「日本女性像」という2つの着眼点から、日本語教科書の中に、いかにジェンダーが潜んでいるか、それらが現代日本社会の現状を正しく反映しているかどうかをデータ分析結果の比較から考察し、さらには今後の日本語教科書のあり方を述べる。

【著者紹介】
水本 光美(みずもと てるみ)

1990年 ニューヨーク大学教育大学院外国語教育学修士課程修了(Master of Arts)
1990年 プリンストン大学東洋学部日本語学科にて専任講師
1996年 ハーバード大学東アジア言語文明学部日本語学科にて専任講師
2000年 北九州市立大学国際環境工学部準備室において留学生教育システムの構築および新キャンパス立ち上げに従事
2001年 同大学国際環境工学部情報メディア工学科助教授(留学生日本語教育)
2006年 同学部教授
2008年 同大学基盤教育センターへ異動、現在に至る
2009年–2010年 ロンドン大学にて客員研究員
専門分野:日本語教育、言語学、社会言語学、ジェンダー、教育工学
研究領域:専門日本語、アカデミックジャパニーズ、ビジネス日本語、メディアにおける言語使用とジェンダー、ことばとジェンダー