人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

教育実践と教職員
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

教 育

教育実践と教職員

教職理論の課題

榊 達雄(さかき たつお) 編著/早川 教示(はやかわ きょうじ) 編著/片山 信吾(かたやま しんご) 編著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:194頁
  • ISBN:978-4-86429-288-7
  • 発行日:2014/11/20発行
書籍内容
競争主義の下で子どもは呻吟し、教職員は多忙化に追われている教育の現場において、父母・住民の教育要求に応え、子どもの教育を受ける権利を保障する教育実践と、それに取り組む教職員はどうあるべきかを追究している。
【編著者紹介】
榊 達雄(さかき たつお)

1940年生
名古屋大学大学院教育学研究科博士課程満了
名古屋大学名誉教授、名古屋芸術大学名誉教授


【編著者紹介】
早川 教示(はやかわ きょうじ)

1944年生
愛知教育大学卒業
名古屋芸術大学非常勤講師


【編著者紹介】
片山 信吾(かたやま しんご)

1966年生
名古屋大学大学院教育学研究科博士課程後期課程単位取得退学
名城大学教職センター教授