人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

迫り来る食糧危機
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

社 会

迫り来る食糧危機

食の「安全」保障を考える

田中豊裕(たなか とよひろ) 著

  • 定価:本体1,600円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:四六
  • ページ数:200頁
  • ISBN:978-4-86429-315-0
  • 発行日:2015/05/20発行
書籍内容

新興国の人口急増、異常気象による食糧生産の不確実性、食の安全・安心等を勘案した食糧の長期的確保は、わが国の重要課題である。 本書では、食の「安全」保障として、アジア地域・オーストラリアと協力してできる地域食糧の安全保障を提示する。

【著者紹介】
田中豊裕(たなか とよひろ)

1943年 京都府生まれ
大阪外語大学で英語を学び、1966年渡豪、アデレード大学、南オーストラリア大学に留学
1967年 アデレードにて南オーストラリア豪日協会創設、初代会長に就任
1970年 オーストラリア総合商社エルダーズ社に入社後、帰国
エルダーズ東京支社長補佐、大阪支店長、東京支社営業部長を歴任
1979年 エルダーズ社日本法人社長に就任
1979年 より2000年まで南オーストラリア州政府駐日代表、コミッショナーを拝命
同時に南オーストラリア州政府観光公社日本代表を兼務
現  在 株式会社サリンクス代表取締役
40年以上にわたり日豪の経済協力、貿易促進、企業誘致、観光促進、文化交流などに貢献。