人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

『月は沈みぬ』論考

文 学

『月は沈みぬ』論考

スタインベックの反戦小説

テツマロ・ハヤシ 著/白神 栄子 訳

  • 定価:本体1,359円 + 税
  • 在庫:なし(絶版)
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:80頁
  • ISBN:978-4-924400-71-9
  • 発行日:1993/12/20発行
書籍内容

ノーベル文学賞作家スタインベックについて、30年以上アメリカの大学で講義し、国際スタインベック学会会長、スタインベック研究所長として、彼の顕彰にとめてきた テツマロ・ハヤシ博士の興味深い論文とその翻訳。

【著者紹介】
テツマロ・ハヤシ

1929年生まれ。岡山大学文学部英文科卒。
米国ケント州立大学文学博士。
元ボール州立大学英文科教授、同名誉教授。
安田女子大学大学院教授。
国際スタインベック協会会長。1969年米国帰化


【訳者紹介】
白神 栄子