人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

環境課題と地域の政策選択
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

政治・法律

環境課題と地域の政策選択

井上 堅太郎(いのうえ けんたろう) 著

  • 定価:本体2,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:324頁
  • ISBN:978-4-86692-052-8
  • 発行日:2019/11/20発行
書籍内容

戦後、地域は様々な環境課題に取組んできた。それらの中から事例毎にその経緯・背景・主体のかかわり等を調査し、その相互関係を明らかした。

◆主な目次

序章 環境課題と地域の政策選択
第1章 川崎市・北海道・岡山県の環境影響評価制度の導入
第2章 地方自治体の環境影響評価制度と対象事業
第3章 環境保全に関する協定等
第4章 島根県と2 つの民間会社の覚書
第5章 北海道、香川県、長野県および鹿児島県の自然保護条例制定と自然環境保全法
第6章 環境課題と地域の取組み
第7章 倉敷市の伝統的な建造物群と町並みの景観保全

 

【著者紹介】
井上 堅太郎(いのうえ けんたろう)

1941 年生
1964 年 岡山大学工学部卒
1966 〜1996 年 岡山県庁
1997 〜2012 年 岡山理科大学教授
2013 年〜 島根県浜田市に在住
1978 年 医学博士
執筆
「日本環境史概説」(大学教育出版)、「環境と政策 倉敷市からの証言」(大学教育出版)など