人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

法と経済の心理学Ⅱ

哲学・思想・心理学

法と経済の心理学Ⅱ

トラブル回避の心構え

立石 孝夫(たていし たかお) 著

  • 定価:本体2,200円 + 税
  • 在庫:なし(絶版)
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:210頁
  • ISBN:978-4-88730-965-4
  • 発行日:2010/04/30発行
書籍内容

本書は、人のある基本的な性質である精神的な安定を求める「恒常性維持」からすべての行動が生まれるという認識に立ち、その行動の結果として生ずるトラブルを回避するためには、どのような心構えが必要かを論ずる。

【著者紹介】
立石 孝夫(たていし たかお)

富山大学経済学部経営法学科教授
専門は国際取引法、法と経済学、法と心理学
1954年5月長野県生まれ
1978年東京外国語大学卒業
1992年日本海運集会所香港事務所長
1998年日本海運集会所仲裁部長代理
2003年から現職
国際海事調停人パネル(IMCAM)発起会員
国際商取引学会会員、日本貿易学会会員