人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

係結びと係助詞
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

言語・語学

係結びと係助詞

「こそ」構文の歴史と用法

半藤 英明(はんどう ひであき) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 在庫:なし(絶版)
    • 書籍版
  • 判型:四六
  • ページ数:150頁
  • ISBN:978-4-88730-544-3
  • 発行日:2003/09/30発行
書籍内容

従来の研究においても、トータルに説明し得なかった係助詞と係結びの関係性を文法概念「取り立て」の観点から理論付け、係結び論を再構築する。

日本語の(特に助詞の)分野に新たな視野を提供するものである。

【著者紹介】
半藤 英明(はんどう ひであき)

1960年2月 東京都品川区生まれ

1985年3月 成蹊大学大学院文学研究科修士課程修了

1996年4月 静岡英和女学院短期大学専任講師

1997年4月 静岡英和女学院短期大学助教授

2001年4月 熊本県立大学文学部助教授

2004年4月 熊本県立大学文学部教授

2007年4月 熊本県立大学大学院文学研究科長

2010年4月 熊本県立大学副学長

2014年4月 熊本県立大学学術情報メディアセンター長

2016年4月〜現在に至る 熊本県立大学学長