人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

1次関数で学ぶ経済学 改訂版
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

経済・経営

1次関数で学ぶ経済学 改訂版

増田 辰良(ますだ たつよし) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:184頁
  • ISBN:978-4-86692-067-2
  • 発行日:2020/03/30発行
書籍内容

1次関数の復習からはじめ、ミクロ経済学が対象としている市場の資源配分、需要曲線・供給曲線、余剰概念、政府の市場介入、国際貿易等について解説。あわせて経済問題や経済現象のメカニズムを理解するうえでの1次関数の有用性を説く。改訂にあたり、語句の統一、数式と図表の変更、さらに表現をより易しくしました.

◆主な目次

復習 方程式と1 次関数
第0 章 なぜ,経済学は難しいと思われるのか
第1 章 ミクロ経済学
第2 章 ミクロ経済学が分析対象とする資源
第3 章 需要関数と供給関数
第4 章 弾力性の概念
第5 章 余剰概念
第6 章 市場の需要曲線と供給曲線
第7 章 市場の失敗
第8 章 政府の失敗
第9 章 課税の効果
第10 章 価格規制
第11 章 国際貿易
終章 練習問題
練習問題の解答

【著者紹介】
増田 辰良(ますだ たつよし)

1955年 徳島県生まれ.
北星学園大学経済学部経済法学科教授.
北海道大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学.
経済学博士 北海道大学.