人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

Japan in the World Economy: An Introduction to International Economics
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

経済・経営

Japan in the World Economy: An Introduction to International Economics

熊倉 正修(くまくら まさなが) 著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:B5
  • ページ数:168頁
  • ISBN:978-4-86692-101-3
  • 発行日:2020/12/10発行
書籍内容

本書は英文による国際経済学の入門書で、英語を学習中の日本人学生や日本の大学で学ぶ留学生を対象とし、可能な限りコンパクトな説明としている。また日本の事例と資料を豊富取り上げ、国際的な視点による日本経済の入門書でもある。

◆主な目次

Chapter 1 A Survey on the World Economy
Chapter 2 Comparative Advantage and International Trade
Chapter 3 Where Does Comparative Advantage Come From?
Chapter 4 Economics and Politics of Import Restrictions
Chapter 5 The World Trade Organization and Regional Trade Arrangements
Chapter 6 The Service Sector in National and International Economies
Chapter 7 Foreign Direct Investment and Multinational Corporations
Chapter 8 Migration
Chapter 9 Balance of Payments
Chapter 10 Exchange Rates and the National Economy
Chapter 11 Exchange Rate Regimes
Chapter 12 Globalization and Economic Growth
Chapter 13 Development, Income Inequality and Human Welfare
Chapter 14 Globalization and the Environment
Chapter 15 Economic Development and Demographic Change

【著者紹介】
熊倉 正修(くまくら まさなが)

1967 年東京生まれ。東京大学卒、ケンブリッジ大学政治経済学部博士課程修了。アジア経済研究所、大阪市立大学等を経て、2017年より明治学院大学国際学部教授。主著に『国際日本経済論 グローバル化と日本の針路』昭和堂(2015 年)、『日本のマクロ経済政策 未熟な民主主義の帰結』岩波新書(2019 年)など