人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

野球のまち阿南をつくった男
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy

社 会

野球のまち阿南をつくった男

日本に唯一の初代野球課長

田上重之(たがみ しげゆき) 著

  • 定価:本体1,500円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:四六
  • ページ数:224頁
  • ISBN:978-4-86692-120-4
  • 発行日:2021/05/25発行
書籍内容

地域で盛んに行われている草野球に着目。新球場の完成を機に地域活性化を市長に提案し、全国初となる「野球のまち推進課」を創設。野球観光ツアー・60歳以上のチアー・89番野球寺、選抜に出場する雪国の高校の直前合宿を企画するなど、斬新な発想で年間1億円を超える経済効果を創出した初代野球課長奮戦記。

◆主な目次

第1章 野球について(野球をどのようにとらえているのか)
第2章 身体障害者の私がなぜ「野球の課」を創り、全国から人を呼び込むことができたのか?
第3章 野球で町おこしを発想
第4章 野球で町おこしに着手
第5章 「野球のまち推進課」創設
第6章 集客に繋がる野球大会の開催
第7章 交流事業
第8章 イベント事業の開催
第9章 屋内多目的施設の完成
第10章 市民の協力(行政のものから地域のものになる)
第11章 全国が認めた「野球のまち阿南」(メディア)
第12章 目指すは「野球のまち・草野球の聖地」
第13章 これまでの活動を活かした活動の可能性
第14章 地方行政マンによる野球観光まちづくりの可能性(下関市立大学教授 難波利光)

【著者紹介】
田上重之(たがみ しげゆき)

1952年徳島県阿南市に生まれる。
徳島県立富岡西高校卒業。
阿南市あかつき野球連盟事務局長、全日本早起き野球協会事務局長。
阿南市役所では、産業部野球のまち推進課長就任の後、定年退職。
その後、阿南市嘱託職員となり、参与・野球のまち推進監を歴任。その間、全日本早起き野球大会・東京六大学野球オールスターゲーム等を開催し大会事務局長を務め、
2019年フォーブスジャパンスポーツビジネスアワードローカルヒーロー賞を受賞。
2019年12月阿南市役所を退職後、COREZO(コレゾ)賞を受賞。
現在は、株式会社コントリビュート徳島営業所長。