人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

言語・語学

日英語における語法・文法研究

伊藤 晃(いとう あきら) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:A5
  • ページ数:144頁
  • ISBN:978-4-86692-171-6
  • 発行日:2022/02/01発行
書籍内容

英語学の「言語要素の名詞化」といった概念へのアプローチを、語法・文法研究にもとづいて、日本語と英語のさまざまな言語現象を丁寧に記述したうえで、一般化した一冊。

◆主な目次
第1章 指示詞を含む言語形式の接続詞化
第2章 逆接表現の多様性
第3章 「P 中で Q」と「P 中 Q」
第4章 他動詞と目的語の隣接性について
第5章 前置詞の内部構造に関する一考察
第6章 引用表現をめぐって
第7章 下限設定表現をめぐって
第8章 類義表現「ように」と「かのように」をめぐって
引用・参考文献

【著者紹介】
伊藤 晃(いとう あきら)

生年:1959 年生まれ
現職:北九州市立大学基盤教育センター教授
最終学歴:立命館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学