人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

画像がありません

宗 教

聖母の平和と我らの戦争

なにを信じて祈るのか

晏生莉衣(あんじょう まりい) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:四六
  • ページ数:248頁
  • ISBN:978-4-86692-274-4
  • 発行日:2024/03/29発行
書籍内容

「メジュゴリエの聖母マリア出現」論争からキリスト教(カトリック)の信仰を考察。『他国防衛ミッション』(2019年)に続き、ポスト紛争国ボスニア・ヘルツェゴヴィナから平和と戦争の課題を読み解く第二作。

◆主な目次
一章 断絶の地へ
二章 聖母の出現
三章 「平和の女王」と民族紛争
四章 「聖地メジュゴリエ」論争

【著者紹介】
晏生莉衣(あんじょう まりい)

アメリカン大学国際関係大学院修士課程修了、コロンビア大学教育大学院博士課程修了、教育学博士。国際協力専門家として世界各地で研究や支援活動に従事。平和を思索する
執筆にも取り組む。同じくボスニア・ヘルツェゴヴィナの紛争を考察した著書に『他国防衛ミッション』(大学教育出版)がある。