人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

画像がありません

政治・法律

憲法9条誕生物語

敗戦から憲法改正に至る激動の日々

大越 哲仁(おおこし てつじ) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:四六
  • ページ数:246頁
  • ISBN:978-4-86692-311-6
  • 発行日:2024/08/20発行
書籍内容

著者が論証した「憲法九条は幣原喜重郎が発案したものである」という事実に基づき、戦争末期~日本国憲法公布までの激動の二年半について幣原、マッカーサー、昭和天皇を中心とした関係人物の奮闘を中心に描いたノンフィクション小説。

【著者紹介】
大越 哲仁(おおこし てつじ)

作家・歴史家(国際史、憲法史、教育史)
1961年福島県生まれ
同志社大学法学部卒業、放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了
公益財団法人蘇峰会理事
一般社団法人日本ペンクラブ会員
蘇峰蘆花論文賞・新島研究論文賞・新島研究功績賞 受賞
[主な著書]
『マッカーサーと幣原総理 憲法九条の発案者はどちらか』 大学教育出版 2018年
『新島襄と八重夫妻 日本最初のモダンカップル』 大学教育出版 2020年