人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

本と民主主義
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

政治・法律

本と民主主義

アメリカ図書館における「表現の自由」の保護と制限

上田 伸治(うえだ しんじ) 著

  • 定価:本体2,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:174頁
  • ISBN:978-4-88730-678-3
  • 発行日:2006/07/10発行
書籍内容
アメリカの大学図書館に勤務する著者が,実際に本や図書館をめぐって起きた事例を分析し,アメリカ民主主義の根幹である「表現の自由」が,いかに民衆によって保護され,時には民衆自身に制限されてきたのかを論じる。
【著者紹介】
上田 伸治(うえだ しんじ)

1967年 宮城県生まれ
1992年 創価大学法学部卒
1994年 同大学大学院法学研究科博士前期課程修了
2002年 クレアモント大学大学院修了、政治学博士(Ph.D.)
1995年よりの研究者を経て、2001年よりアメリカ創価大学図書館職員として勤務。
専門:比較政治思想・アメリカ政治専攻

主著
『アメリカ〈帝国〉の失われた覇権』(杉田米行編)(共著)東京:三和書籍、2007年。
『アメリカ社会への多面的アプローチ』(杉田米行編)(共著)岡山:大学教育出版、2005年 他。