人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

投資協定における投資の保護
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

政治・法律

投資協定における投資の保護

現地子会社の取り扱いを中心に

岩瀬 真央美(いわせ まおみ) 著

  • 定価:本体2,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:264頁
  • ISBN:978-4-88730-599-1
  • 発行日:2004/12/20発行
書籍内容

世界の投資協定と投資紛争解決条約に関する広範な調査を行い,現地子会社を通じた海外投資の問題点をまとめて望ましいモデル条項案を提示する。「第三国の投資家」の存在を視野に入れ,協定の水平的繋がりを考慮した。

【著者紹介】
岩瀬 真央美(いわせ まおみ)

2001年4月 - 2002年3月
名城大学大学院 法学研究科社会経済紛争研究所 特別研究員
2002年4月 - 2002年9月
財団法人 比較法研究センター  研究員
2002年10月 - 2004年9月
都城工業高等専門学校 一般科目 講師
2004年10月 - 2005年3月
都城工業高等専門学校 一般科目 助教授
2005年4月 - 2010年3月
兵庫県立大学 経済学部 助教授、准教授(2007年4月職名変更)
2010年4月 - 2011年3月
兵庫県立大学 政策科学研究所 准教授
2011年3月 - 2012年3月
ハノイ国家大学 法学部 客員研究員
2011年4月 - 現在
兵庫県立大学 経済学部 准教授
2011年9月 - 2012年3月
ハノイ法科大学・名古屋大学日本法教育研究センター(ベトナム) 講師