人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

介護モデルの理論と実践
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • ナレッジワーカー

社 会

介護モデルの理論と実践

介護福祉総合研究

住居 広士(すみい ひろし) 著

  • 日本学術振興会助成出版
  • 定価:本体2,900円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:B5
  • ページ数:294頁
  • ISBN:978-4-88730-259-4
  • 発行日:1998/06/30発行
書籍内容

要介護者が人間として尊厳を保ち、生活と介護と一体となり、主体的に生きることへの援助が、介護モデルの理念と実践である。本書は、今後21世紀の超高齢社会に向けて、介護モデルの理論と実践を中心に論じる。

【著者紹介】
住居 広士(すみい ひろし)

1982年 鳥取大学医学部医学卒業
1987年 岡山大学大学院医学研究科修了(医学博士)
1993年 岡山県立大学短期大学部助教授
1998年 ミシガン大学老年医学センター留学(文部省在外研究員)
2000年 広島県立保健福祉大学教授
2005年 県立広島大学保健福祉学部人間福祉学科教授
現 在  県立広島大学大学院保健福祉学専攻教授、医学博士、社会福祉士、介護福祉士、日本学術会議連携会員、日本介護福祉学会事務局長、日本保健福祉学会理事、日本在宅ケア学会理事、日本社会福祉系学会連合委員等、その他多数。