人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

国際金融と外国為替 第3版
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

経済・経営

国際金融と外国為替 第3版

加野 忠(かの ただし) 著/村井 睦男(むらい むつお) 著

  • 定価:本体2,600円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:266頁
  • ISBN:978-4-88730-970-8
  • 発行日:2010/04/09発行
書籍内容

本書は国際金融や外国為替の基本を学ぼうとする人々のための実践的入門書である。特に、執筆者は長期にわたり国際金融の第一線で活躍した経験をもつため、理論と実務のバランスを重視し、最新の金融革新の動きも盛り込む。

【著者紹介】
加野 忠(かの ただし)

1933年 北海道小樽市に生まれる。
1957年 一橋大学経済学部卒業、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
1962年 米国イエール大学大学院修士取得。
1984年 証券部長に就任、その後資本市場部長などを経て1985年末同行退職。
1986年 セキュリティ・パシフィック・キャピタル・マーケッツ代表取締役、その後、外資系証券会社や銀行在日代表を歴任。
1993年 静岡県立大学国際関係学部教授就任。
1997年 横浜商科大学商学部教授就任、2006年退職。
2009年 中央大学博士(経済学)。

主な著書・翻訳
『金融再編』文春新書、1999年
『マネー・マーケットの大潮流』(編著)東洋経済新報社、1999年
『ドル円相場の政治経済学』日本経済評論社、2006年
S・ディヴィス「エクセレント・バンク」翻訳、金融財政事情研究会、1987年ほか。


【著者紹介】
村井 睦男(むらい むつお)

1940年 兵庫県に生まれる。
1963年 京都大学法学部卒業、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。
同ニューヨーク支店および東銀信託会社ニューヨーク勤務(1975~1981年、1985~1988年)を経て、
1994年 名古屋商科大学商学部教授就住。
現在 名古屋商科大学経済学部教授 京都大学博士(経済学)

主な著書・翻訳
『国際財務時代の新戦略』編著、日本経済新聞社、1986年
『対米不動産投資の実際』共著、日本経済新聞社、1989年
D.クルックシャンク『21世紀銀行業の競争』共同翻訳、東洋経済新報社、2000年
『金融変貎と銀行の未来』単著、大学教育出版、2004年