人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

IMF・世界銀行と途上国の構造改革
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

経済・経営

IMF・世界銀行と途上国の構造改革

経済自由化と貧困削減を中心に

坂元 浩一(さかもと こういち) 著

  • 定価:本体2,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:288頁
  • ISBN:978-4-88730-837-4
  • 発行日:2008/06/06発行
書籍内容

1980年代以降、国連に代わって途上国の開発・援助の枠組みを仕切ってきたIMF・世界銀行の勧告により実施されてきた構造改革、特に経済自由化・貧困削減政策に焦点を当てて、分析と評価を実務経験を生かして包括的に行う。

【著者紹介】
坂元 浩一(さかもと こういち)

1953(昭和28)年鹿児島市生まれ。
慶應義塾大学経済学部、同大学院博士課程修了、博士(経済学)。
国連派遣アフリカ政府マクロ経済顧問(4年間現地駐在)、(財)国際開発センター副主任研究員、慶應大学講師、東洋大学教授を経て、ノースアジア大学教授。
他に、途上国人官僚、日本人技術協力専門家・公務員の研修講師(環境省、経済産業省など)。
専門分野は開発経済学、国際経済学、経済協力論。

主な業績
“Balance of Payments Support Aid in Japan,”IDS Bulletin, British Institute of Development Studies, 1996.
『国際協力マニュアル―発展途上国への実践的接近法―』勁草書房、1996年。
他に、多数の論文、ODA調査報告書がある。