人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

心を病む人とのコミュニケーション
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

医学・看護

心を病む人とのコミュニケーション

医療現場からの提言

塚本 一 編著/東中須 恵子(ひがしなかす けいこ) 編著

  • 定価:本体2,400円 + 税
  • 在庫:有
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:240頁
  • ISBN:978-4-88730-594-6
  • 発行日:2004/12/20発行
書籍内容

看護師、作業療法士、精神保健福祉士、薬剤師等のコメディカルスタッフによる専門性を生かした医療実践、特に地域との連携をはじめとしたチーム医療の事例等により、分かりにくい精神科医療現場に対する疑問に応える。

【編著者紹介】
塚本 一

医療法人社団欣助会 吉祥寺病院 院長


【編著者紹介】
東中須 恵子(ひがしなかす けいこ)

筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程修了。奈良学園大学保健医療学部精神看護学教授を経て、現在、日本保健医療大学保健医療学部看護学科教授。
博士(生物工学)
主著
東中須恵子・塚本一編著『実践 自己決定を支える精神科医療現場』大学教育出版、2010 年
長谷川宏司編著『多次元のコミュニケーション』(共著)大学教育出版、2006 年