人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

情報工学科学生のための集積回路工学の基礎
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

総 記

情報工学科学生のための集積回路工学の基礎

寺田 和夫(てらだ かずお) 著

  • 定価:本体1,800円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:B5
  • ページ数:88頁
  • ISBN:978-4-88730-593-9
  • 発行日:2004/10/30発行
書籍内容

集積回路は各種情報処理装置の主たる構成要素である。本書では性能を決定づける技術の中で,いわゆる回路技術とその回路要素を,物質の性質を利用して作り出すデバイス技術について解説する。

【著者紹介】
寺田 和夫(てらだ かずお)

昭和46年早大・理工・応用物理卒。
昭和48年京大大学院・理・物理修士課程修了。
同年日本電気入社。
同社中央研究所、マイクロエレクトロニクス研究所にてシリコンMEFET、MOFET、DRAMの研究開発に従事。
平成6年広島市立大学・情報科学部教授。工学博士。
電子情報通信学会、応用物理学会