人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

消費者から情報社会を考える
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

社 会

消費者から情報社会を考える

生活サービス情報の評価システムの構築をめざして

岩瀬 忠篤(いわせ ただあつ) 著

  • 定価:本体1,600円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:124頁
  • ISBN:978-4-88730-561-3
  • 発行日:2004/04/10発行
書籍内容

インターネットに代表される情報通信技術の発達・普及により、後戻りのできない大きな変化が個々人の消費面、生活面に生じている。こうした大転換期の中で、 消費者の視点から改めて情報社会の現状と課題について考える。

【著者紹介】
岩瀬 忠篤(いわせ ただあつ)

1959年千葉県生まれ。
1982年筑波大学第三学群社会工学類卒業。
同年経済企画庁(現内閣府)入庁。
同国民生活局消費者行政第一課課長補佐、シンガポール東南アジア研究所(ISEAS)客員研究員、経済企画庁物価局物価政策課課長補佐、総合研究開発機構(NIRA)主任研究員、経済企画庁総合計画局計画企画官、同広報室長、国民生活センター企画広報課長などを経て、2002年8月より千葉大学法経学部総合政策学科助教授。
専門は消費者経済論など。