人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

現場から問う 職業としての教師
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

教 育

現場から問う 職業としての教師

金 龍哲(じん るんじょ) 編著/下山田 伸一郎(しもやまだ しんいちろう) 編著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:214頁
  • ISBN:978-4-86429-269-6
  • 発行日:2014/04/30発行
書籍内容
本書は、教職の免許法で定められた「教職に関する科目」のなかの「教職の意義等に関する科目」に対応したテキスト。学習・生活指導、学級づくり、家庭・地域との連携等の教師の仕事、その意義・身分等について多角的に解説する。
【編著者紹介】
金 龍哲(じん るんじょ)

1982年東北師範大学(長春)卒業後、教育部大連外国語大学赴日予備校を経て、同年10月中国政府派遣留学生として来日。1988年広島大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)、同年4月帰国、中国教育部中央教育科学研究所副教授、比較教育研究センター副主任、学術委員。1995年広島大学大学院教育学研究科助教授、2003年より神奈川県立保健福祉大学教授、2011年神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部長(比較教育学専攻)。


【編著者紹介】
下山田 伸一郎(しもやまだ しんいちろう)

1976年早稲田大学第一文学部を卒業後、神奈川県立舞岡高校および川崎高校教諭として勤務。1994年神奈川県教育委員会高校教育課に勤務。2001年神奈川県立汲沢高校校長、2003年横浜桜陽高校校長。2004年神奈川県教育委員会高校教育課長、2007年学校教育担当部長、2010年神奈川県立総合教育センター所長。2013年より私学の横浜創英中学・高等学校校長。