人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

苦悩に満ちた宮廷画家
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の電子版を購入する
  • kinoppy
  • ナレッジワーカー

芸術・生活

苦悩に満ちた宮廷画家

郎世寧による異文化の受容と変貌

王 凱(Wang Kai) 著

  • 定価:本体2,300円 + 税
  • 在庫:有
    • 電子版
  • 判型:A5
  • ページ数:204頁
  • ISBN:978-4-88730-984-5
  • 発行日:2010/04/20発行
書籍内容

清王朝の康煕・雍正・乾隆三帝に仕えたイタリア人の清朝宮廷画家ジュゼッペ・カスティリオーネの絵画を比較文化的・比較芸術学的な視点から絵画の寓意を解明し、そして、各国における彼の作品の現存状態を徹底的に考察した。

【著者紹介】
王 凱(Wang Kai)

1959年中国杭州市に生まれる。
早稲田大学大学院芸術学美術史専攻博士後期課程修了。
文学博士号を取得。
現在、中国・杭州師範大学美術学院教授、海南師範大学美術学院客員教授。日本・武蔵野美術大学、國學院大學、日本大学講師。
国際書画大賞展実行委員会委員長、日中国際絵画交友会会長、全日本水墨画秀作展審査員、(社)日本美術家連盟会員、日本美術史学会会員。
受賞:日本芸術文化賞、外務大臣賞、文部科学大臣賞、南京国際現代平和美術賞、アジア現代美術展優秀賞、芸術功労賞、早稲田大学美術史学会賞(小杉賞)など受賞多数。
個展27回、作品は日本・中国・フランス・ドイツ・アメリカなどの美術館、美術団体、個人に収蔵されている。
著書には『日本美の探索』(中国美術新聞社)、『中国芸術の光と闇』(秀作社)、『紫禁城の西洋人画家』(大学教育出版)等がある。