人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

山口県の歴史と文化
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

歴史・地理

山口県の歴史と文化

播磨 定男(はりま さだお) 著

  • 徳山大学研究叢書24
  • 定価:本体3,400円 + 税
  • 在庫:有
    • 書籍版
  • 判型:A5
  • ページ数:244頁
  • ISBN:978-4-88730-475-8
  • 発行日:2002/03/20発行
書籍内容

山口県大島郡東和町油字西寺所在の「三尊碑」(自然石板碑としての石造塔婆)との出会いが山口県での歴史研究の出発点となった著者の中世史に関する論文12編を収録する。Ⅰ 古文書・古記録/Ⅱ 五輪塔・宝篋印塔/Ⅲ 板碑・角柱塔/Ⅳ 仏像・法具の4 分野を中心に論及する。

【著者紹介】
播磨 定男(はりま さだお)